ICUCO MIZOKAMI 溝上幾久子

               

%25E9%259D%2592%25E3%2581%2584%25E9%25B3

銅版画家

銅版画の作品を中心に制作発表しつづけている。

映像制作ユニットstudio mangosteen所属

おもな個展:
「はちみつどろぼう」馬喰町 ART+EAT(2008)

「キャラメリゼの夜」展 WATER MARK arts and crafts (2015)

「おおかみたちのえものがたり」展 hasu no hana(2019)

おもな企画:
「足りない活字のためのことば」展

      :12 名の詩人たちと釡石の活字と版画の展示 馬喰町 ART+EAT(2013) かだって釜石(​2014)

ハンズボン映像展

       :studio mangosteen主催による短編映像上映会 EARTH+gallery、池袋シネマロサ、

          小坪漁港特設会場

ノエルの贈り物展

  :WATER MARK arts and crafts

出版の仕事:  新聞連載・単行本『溶ける街 透ける道』多和田葉子(日経新聞社)

      装画装丁デザイン『声 千年先に届くほどに』姜信子(ぷねうま社)

      雑誌:「現代詩手帖」「美術手帖」「文学界」「すばる」「MONKEY」

     「RIVER WALK」「エキスパートナース」  他

      

刊行物:デジタル絵本『ピュートルストーリー』三修社、『パントスストーリー』講談社

     (著者:studio mangosteen)

                           

これまで仕事をさせていただいた出版社:

講談社、文芸春秋社、集英社、新潮社、光村図書出版、日経新聞社、三修社、誠文堂新光社、光文社、

スイッチパブリッシング、創土社、七月堂、ぷねうま社 他

studio mangosteenとして制作したアニメーション作品は、

ベルリン国際映画祭コンペティションノミネートをはじめ世界各国の映画祭に参加

収蔵先:多摩美術大学美術館

創形美術学校版画科卒

武蔵野美術大学造形学部卒